2010年03月07日

コケット(coquette)のハンドバッグ No.1


コケット(coquette)のゴブランのハンドバッグをご紹介します。

コケットと言えばゴブラン。
コケットのゴブランシリーズには、お財布やクラッチバッグなどもあるんですが、まず最初にハンドバッグからご紹介です・・。


■ コケット(coquette)のハンドバッグ(ゴブラン)

クラシカルなテイスト、
フォルムもコロンと丸く
キツネとウサギのゴブラン柄がとってもキュートなハンドバッグです。

ちなみに、絵柄の位置は裏と表で同じ柄になるように作られています。
職人さんのしっかりした仕事です。

高さ22cm
横幅23cm
マチ幅13cm で、

アンティークライクは口金で、
開口部も大きく見かけよりも大容量です。
同じゴブランシリーズのお財布やクラッチバッグもバッチリ入ります。

ちょっとレトロっぽくて、でも、
コケットの遊び心をしっかりもっている
そんな、小粋なバッグに仕上がっていますよ。


コケット(coquette)のハンドバッグ(ゴブラン)の詳細はコチラです⇒⇒⇒



posted by コケット at 13:00| コケット(coquette)のハンドバッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

コケット(coquette)とゴブラン織り


コケットと言えば、ゴブラン織りが有名ですが・・

そもそもゴブラン織りは、フランスのゴブラン家の織物工場で作られていたつづれ織りのタペストリーがその起源です。

ゴブラン家のつづれ織りのタペストリーが、非常に精巧の織られており、加えてそのデザインが美しいことが知れ渡ることとなり、つづれ織り自体がゴブラン織りと言われるようになったそうです。

当時のゴブラン織りは、多くの時間と手間がかかり、織物としては大変高価だったそうです。

このゴブラン織りが現代に引き継がれて、タペストリーやクッション、カーペットなどのインテリアに使われるようになり、その絵柄は、高彩度な風景や人物、動物などをモチーフとして絵画の様な芸術性の高い織物となっています。

コケットは、このゴブラン織りをバッグや財布の素材として使い、さらにそこにコケットらしい遊び心を加えて、個性的でステキなバッグや財布を提案しています。

コケット(coquette)のゴブラン織りはコチラから⇒⇒⇒



posted by コケット at 23:31| コケット(coquette)とゴブラン織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コケットのブランドコンセプトとは



コケットは、女性向けのバッグやファッション小物のブランドです。

コケットは、フランス語で、粋で洗練されたと言う意味があり、

それをブランド名にするコケットの商品には、

モノを見る確かな目と、
ユニークさも併せ持っている・・

そんな小粋でチャーミングな女性に持って欲しいを言う思いが込められています。


コケットのバッグや小物は、熟練された職人の手によって作られます。

オリジナルの皮を使い、皮を染める染料にもこだわり、
持ち手の長さはもちろん、手に馴染むように芯材まで考えられています。

コケットの商品を手にしてみると、
そのクオリティの高さと、
温もりのある仕上がりに、
きっと驚くことでしょう。

そして、コケットの大きな特徴として、

遊び心・・があります。

くたっとしたパンダ、
ひとつひとつ表情の違うトラ・・・
など、
思わず微笑むユーモラスなデザインも人気の秘密なんですね。


コケットのゴブラン織りの詳細はコチラです⇒⇒⇒


posted by コケット at 00:00| コケットのブランドコンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。